大府市の注文住宅・リフォームは豊和住建へ
HOME>豊和住建のブログ
+由+D /  現場監督の独り言 /  t&k /  お知らせ /  ばん /  サワ /  ショールーム三宅 /   /  川ひ /  水道工事 /  監督 松藤 /  監督 黒木 / 

豊和住建のブログ

H24.9.15  セルロース運搬!!


こんにちは!工務の大すけです

今日は、当社で断熱材として扱っている「セルロースファイバー」
搬入運搬を手伝わせていただきました

セルローズファイバーとは、回収された新聞古紙を主原料に
防熱・撥水性能を付加した断熱素材です

当社ではセルロースの施工も自社で行っています


大きなコンテナが到着中には1梱包10kgほどのセルロースが
なんと800個も入っています
これを豊和住建の倉庫の移す為、トラックに積み替えていきます




1個1個がなかなかの重さです


杉本大工、顔がすごいことに笑


大工さんやスタッフ6人がかりで、お昼すぎには運搬が完了しました

大工さんは終わった後も涼しげな顔でした

僕も一緒に運ばせていただきましたが、明日は確実に
筋肉痛ですね!笑

大すけ



資産になる家・価値を生む住まい

豊和住建・リフォーム豊和

自然素材、高断熱、高気密、セルロース断熱、外張り断熱

施工エリア : 大府市 東浦町 刈谷市 名古屋市緑区 東海市

その他地域は応相談

自社大工  監督  技術者が伺います

吉田事務所
フリーダイアル
0120-417-732
投稿者 豊和住建有限会社 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
H24.9.15 大府市柊山町 S様邸 ~水廻り工事~
9月15日(土) S様邸 水廻り工事 (大府市柊山町)

こんにちは!杉山です ^▼^
大府市柊山町S様邸にて水廻りの工事をさせていただきました。
本日内部の工事が完了しましたので紹介させていただきます




工事内容はS様のご両親のお部屋を一部改修して
ユニットバスルームとミニキッチンを新設するというものです。
また、ご両親がお部屋に直接出入りができるよう
勝手口も新設させていただきました。



↑ 改修前の様子

元々のお部屋の構成が約半分が畳、残りが洋間となっているご両親のお部屋。
お部屋の畳の部分(写真に写っている部分)を改修させていただきました。



押入れ・壁を一部解体し、
このスペースにユニットバスルームとミニキッチンを設置。
勝手口は写真の開口部のスペースを利用して新設しました。






ユニットバスルーム
1室にお風呂・洗面台・トイレの水廻り3点が備わっています。



ミニキッチン
1口ガスコンロ・シングルレバー混合水栓
他にも、換気扇・照明・収納…と必要な機能を備えつつ、
省スペースに収まります。


9月の始めから工事をさせていただき、
約2週間S様ご家族の皆様には住まいながらの工事で
ご不便をおかけしました m(_ _)m

明日から、新しくなったお部屋で
のびのびと過ごしていただけたらと思います
S様ありがとうございました!

杉山



資産になる家・価値を生む住まい

豊和住建・リフォーム豊和

自然素材、高断熱、高気密、セルロース断熱、外張り断熱

施工エリア : 大府市 東浦町 刈谷市 名古屋市緑区 東海市

その他地域は応相談

自社大工  監督  技術者が伺います

吉田事務所
フリーダイアル
0120-417-732
投稿者 豊和住建有限会社 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
H24.9.12  K.M様 新築工事中~大工工事~
H24.9.7 東浦町 K.M様 新築工事中

木工事中です

こちらは、ハイブリットソーラーハウスの為、

基礎に断熱をしております。
隙間なく、ビッチリと棟梁が施工してる様子です。



さらに、コーキングで、目地をふさぎます。


こちらからは、本日の写真です。


屋根も、パネルも仕上がっております。



キッチンからリビングを見た写真です。



本日は、外の軒天の下地やサッシの取付を寒川棟梁と杉田大工で

工事させて頂きました。


時間になると、掃除をして

サッシ(鋼製建具)があと、玄関ドアがありますので、
空いた空間を合板でふさぎ






トラ策をして、



本日の作業終了です。

大工さんお疲れ様です!

K様ありがとうございます!

少し現場から離れた場所にお住まいなので、
ご報告をふまえまして、まめにブログにアップさせていただきます(^v^)

サワ





資産になる家・価値を生む住まい

豊和住建・リフォーム豊和

自然素材、高断熱、高気密、セルロース断熱、外張り断熱

施工エリア : 大府市 東浦町 刈谷市 名古屋市緑区 東海市

その他地域は応相談

自社大工  監督  技術者が伺います

吉田事務所
フリーダイアル
0120-417-732
投稿者 豊和住建有限会社 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
9/11東浦町T様 新築工事 「遣り方」
こんにちは、工務の庵原です。

先日の9月7日から新しく東浦町で新築工事をさせて頂く、
T様の工事が始まりましたので紹介させて頂きます。

建物を建てる最初の工事、「遣り方」です。
この「遣り方」が、建物の実際の位置や高さ・水平などを決めていきます。

この工事がいい加減にしてしまうと、正確な位置で建物を建てることができません。

まずは、杭で正確な建物を位置を出していきます。


 

次に杭(水杭)に水平な板(水貫)を付けていきます。
この時に、水貫が常に水平になるよう注意します。
※写真では、右の方が水平器でしっかりと確認しています。



 

こちらが遣り方完成の一部です。
斜めの部材で、しっかりと動かないように固定します。





残暑が厳しいですが、T様の新築工事の基礎工事がスタートしました。
建方は10月の上旬予定です。
また、ご紹介させて頂きます。



資産になる家・価値を生む住まい

豊和住建・リフォーム豊和

自然素材、高断熱、高気密、セルロース断熱、外張り断熱

施工エリア : 大府市 東浦町 刈谷市 名古屋市緑区 東海市

その他地域は応相談

自社大工  監督  技術者が伺います

吉田事務所
フリーダイアル
0120-417-732

庵原 裕也
投稿者 豊和住建有限会社 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
耐震診断
 
8月31日のお話ですが
大府市共西町のO様のお宅へ
耐震診断に伺ってきました。

こちらのお宅は
昭和58年に建築されたお住まいで
大府市の無料耐震診断の対象にはなりません。

診断は通常通りに診断させていただきます

基礎に鉄筋が入っているか金属センサーで確認

昭和56年以前の建物と
大きな違いは基礎に鉄筋が入っています。

畳を上げて床下の確認

床下の束が木材で繋いであるか
金物があるかなどの確認です。

押入れから小屋裏の確認



屋根裏はこのようになっています
小屋裏では壁に筋違があるか
小屋筋違、火打ち材等の確認をします。
 
昭和56年以降の建物は
筋交いの数も計算して筋違が
入っていますので
56年以前の建物よりは多く筋違が
ありますが
耐震の数値は「1.0」には
ならない建物が多いです。

リフォームを予定されている方は
耐震診断も同時にして
耐震の補強もされることをお勧めします。

                          設計、木造住宅耐震診断員
                      松田誠史


資産になる家・価値を生む住まい

豊和住建・リフォーム豊和

自然素材、高断熱、高気密、セルロース断熱、外張り断熱

施工エリア : 大府市 東浦町 刈谷市 名古屋市緑区 東海市

その他地域は応相談

自社大工  監督  技術者が伺います

吉田事務所
フリーダイアル
0120-417-732

 








投稿者 豊和住建有限会社 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)