大府市の注文住宅・リフォームは豊和住建へ
HOME>真貴子のへや

真貴子のへや

大府もすごい雪です
この大雪にはビックリですね



皆さんお体にはお気をつけください。雪だるまより^^
投稿者 豊和住建有限会社 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
福袋
今年は福袋にチャレンジしました^^



私が買った福袋は食器の福袋です

教室で使う食器を下見していたら・・・なんとまぁ 半額近い値段で売っていたので
ついつい買ってしまいました


中身はこんな感じでしたぁ~













大満足の福袋でとても嬉しかったです

投稿者 豊和住建有限会社 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
初級コース 6回目 2期生
本日のメニュー1月14日(金)

けんちん丼
お豆腐でターメリック味とお醤油味の二種類作りました。



蓮根のスープ

今回からはじめてのお出汁作りからの挑戦でしたが美味しくお出汁もひけて蓮根からも甘みが出てました。



温野菜のサラダ
こんかいは重ね煮
今の寒い冬のサラダはこの重ね煮がおススメです。



ふろふき大根
水加減がポイントです。







今回はタイムスケジュールを組んでもらい目標もきめてもらってからのスタート。

みなさん、ほんと素晴らしかったです。

完成したお料理も今の時期に合うように陽性に作っていただいてて、温野菜のサラダの美味しさにはビックリしました。

今の時期、本当に体が喜んでいるんだなと感じました^^

ふろふき大根も本当に甘くたけてましたもんね。

その他のメニューも時間を見ながら温めなおして盛り付けしていたりと今回、皆さんの真剣に取り組む姿に感動しました。

素晴らしかったです。

次回2月4日(金)にお待ちしております^^


投稿者 豊和住建有限会社 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
マクロビカフェ
お正月休みに生徒さん達3人とマクロビカフェに行っきましたぁ

楽しい時間をありがとうございました。感謝です。


デジカメを忘れてしまい携帯で写したので画像が悪くすみません>_<



豆乳のアイス


今年はマクロビカフェをめぐろうかなと思っています。


今後は行ったお店はブログにアップしますのでお近くのお方は是非お立ちより下さい^^




レストラン「新鮮多菜にんじん」
南生協病院の前にあるお店です。

052-629-7271



投稿者 豊和住建有限会社 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
私の好きな話し^^人間万事塞翁が馬  (じんかんばんじさいおうがうま)
幸福や不幸は予想のしようのない事の例え

読んでみてください

中国の北の方に占い上手な老人が住んでいました。
さらに北には胡(こ)という異民族が住んでおり、国境には城塞がありました。

ある時、その老人の馬が北の胡の国の方角に逃げていってしまいました。
この辺の北の地方の馬は良い馬が多く、高く売れるので近所の人々は気の毒がって老人をなぐさめに行きました。
ところが老人は残念がっている様子もなく言いました。

「このことが幸福にならないとも限らないよ。」

そしてしばらく経ったある日、逃げ出した馬が胡の良い馬をたくさんつれて帰ってきました。
そこで近所の人たちがお祝いを言いに行くと、老人は首を振って言いました。

「このことが災いにならないとも限らないよ。」

しばらくすると、老人の息子がその馬から落ちて足の骨を折ってしまいました。
近所の人たちがかわいそうに思ってなぐさめに行くと、老人は平然と言いました。

「このことが幸福にならないとも限らないよ。」

1年が経ったころ胡の異民族たちが城塞に襲撃してきました。
城塞近くの若者はすべて戦いに行きました。
そして、何とか胡人から守ることができましたが、その多くはその戦争で死んでしまいました。
しかし、老人の息子は足を負傷していたので、戦いに行かずに済み、無事でした。


--------------------------------------------------------------------------------

 この話は、中国の古い書物「淮南子(えなんじ)」に書かれています。

「人間万事塞翁が馬」の「人間(じんかん)」とは日本で言う人間(にんげん)の事ではなく、世間(せけん)という意味です。
「塞翁」というのは、城塞に住んでいる「翁(おきな)=老人」という意味です。

「城塞に住む老人の馬がもたらした運命は、福から禍(わざわい)へ、また禍(わざわい)から福へと人生に変化をもたらした。まったく禍福というのは予測できないものである。」
という事です。
投稿者 豊和住建有限会社 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)