大府市の注文住宅・リフォームは豊和住建へ
HOME>お客様との交流イベント♪

お客様との交流イベント♪

店舗そのままオークション大府より ~店舗造作も豊和住建~

こんにちは!
このところ、食中毒や食品衛生に関するニュースが増えていますね。

気温・湿度が高くなる6月から9月は、

1年の内で、最も食中毒が起こりやすくなる時期と言われています。


社団法人 日本食品衛生協会のホームページには、

「食中毒予防の6つのポイント」、「知ろう!防ごう!食中毒」など、

食中毒や食品衛生に関する情報が分かりやすくまとめられていますので、

みなさんも、一度、チェックしてみてはいかがでしょうか?


☆ 社団法人 日本食品衛生協会 | 食品安全情報
http://www.n-shokuei.jp/food_safety_information_shokuei2/


飲食店を営む方はもちろんのこと、

一般家庭でも起こりうる食中毒とその予防法について、

「万が一の事態」が起こる前に、

しっかりと基礎知識を身につけておきたいところですね。


--------------------------------------------------------------------------
大府市 刈谷市の新築 リフォーム 耐震改修 水道工事なら
地域密着 技術の工務店・住宅会社へ

資産になる家 価値を生む住まい
 
施工エリア 大府市 刈谷市 名古屋市緑区 東海市
         東浦町  その他地域は応相談
自社大工 監督 技術者がうかがいます

■居抜き物件 ■居抜き店舗 ■店舗そのままオークション
--------------------------------------------------------------------------

 
投稿者 豊和住建有限会社 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
被災地の給食にようやくおかず                豊和ショールーム やまぐち
こんにちは!豊和ショールームのやまぐちです。

一週間ほど前にあるニュースをみて愕然としました。やりきれない思いで、涙が出そうでした。紹介させていただきます。



給食におかず加わる=震災後初、
子供笑顔に宮城・南三陸
62()1532分配信
 
東日本大震災で壊滅的被害を受けた宮城県南三陸町の小、中学校に今月から、給食におかずが届いている。「おいしい」。子供たちは笑顔を見せながら頬張った。
 
 南三陸町によると、町では給食センターが津波で壊滅。小、中学校6校は震災後、パンと牛乳、デザートの簡易給食だったため、子供に必要な栄養の23割が不足していた。
 おかずの供給は町の依頼を受けたNPO法人が協力。仙台市の食品会社が毎日約1100食分を作り、各校に届ける仕組みで1日から始まった。
町立志津川小では2日、チキンカツとヒラタケ、ニンジンのごまあえといったおかずパックがパンと一緒に配られた。「何でも食べられるよ」。野菜ぎらいだった1年生の男の子も、カツとレタスをパンに挟み、大きな口を開けた。
 各教室を回って様子を見た給食センターの栄養士高橋佳子さんは、メニュー作りに参加した。「野菜までこんなに食べてもらえるとは」とうっすら目に涙を浮かべていた。


 という記事です。あの地震からもう3カ月にもなるのに、被災地では子供たちに給食のおかずも出してやれていなかったのか!とやるせない気持ちとともに怒りがこみあげてきました。
しかも給食支援をなんとか復活させたのは、国や行政ではなくNPO団体だということ。一体今まで何をやっていたんだと思います。

 豊和の大工を先月、被災地へボランティアとして派遣しました。現地の被害は想像だったそうです。
記憶を風化させるにはまだまだ早すぎます。私自身もなにができるのか改めて考え、行動したいとおもいます。






こんにちは!最近、ずいぶん暑くなってきましたね。湿度も高くむしむししますね。

さて、この夏、節電やクールビズなどが囁かれていますが、みなさんは何か考えていらっしゃいますか?
先日、豊和ショールームのウッドデッキにゴーヤの苗を植えました。
しばらくしたら緑のカーテンのできあがりです。せっせと毎日水をやっています。

夏の日差し、照り返しを防ぐには例えば室内にレースのカーテンを引くよりも、窓の外側にすだれや、植物で棚を作るほうがはるかに有利です。熱還流率U値とネットで検索していただければ一目瞭然ですよ。
もちろん、両方やられたほうが効果的なのはいうまでもありません。

まだ、ゴーヤの栽培は間に合います。どうぞみなさんもチャレンジしてみて下さい。
なおキュウリや朝顔も人気ですが、キュウリは病気に弱く、葉が枯れてみじめになる場合が比較的多いと思います。また朝顔はゴーヤほど葉が密生しないので風情はありますが、日よけにはちょっと物足りないかもしれません。

                                         (良)



--------------------------------------------------------------------------
大府市 刈谷市の新築 リフォーム 耐震改修 水道工事なら
地域密着 技術の工務店・住宅会社へ

資産になる家 価値を生む住まい
 
施工エリア 大府市 刈谷市 名古屋市緑区 東海市
         東浦町  その他地域は応相談
自社大工 監督 技術者がうかがいます

■省エネリフォーム ■エコリフォーム

--------------------------------------------------------------------------






投稿者 豊和住建有限会社 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
緑のカーテン
こんにちは!最近、ずいぶん暑くなってきましたね。湿度も高くむしむししますね。

さて、この夏、節電やクールビズなどが囁かれていますが、みなさんは何か考えていらっしゃいますか?
先日、豊和ショールームのウッドデッキにゴーヤの苗を植えました。
しばらくしたら緑のカーテンのできあがりです。せっせと毎日水をやっています。

夏の日差し、照り返しを防ぐには例えば室内にレースのカーテンを引くよりも、窓の外側にすだれや、植物で棚を作るほうがはるかに有利です。熱還流率U値とネットで検索していただければ一目瞭然ですよ。
もちろん、両方やられたほうが効果的なのはいうまでもありません。

まだ、ゴーヤの栽培は間に合います。どうぞみなさんもチャレンジしてみて下さい。
なおキュウリや朝顔も人気ですが、キュウリは病気に弱く、葉が枯れてみじめになる場合が比較的多いと思います。また朝顔はゴーヤほど葉が密生しないので風情はありますが、日よけにはちょっと物足りないかもしれません。

                                         (良)



--------------------------------------------------------------------------
大府市 刈谷市の新築 リフォーム 耐震改修 水道工事なら
地域密着 技術の工務店・住宅会社へ

資産になる家 価値を生む住まい
 
施工エリア 大府市 刈谷市 名古屋市緑区 東海市
         東浦町  その他地域は応相談
自社大工 監督 技術者がうかがいます

■省エネリフォーム ■エコリフォーム

--------------------------------------------------------------------------



                              
投稿者 豊和住建有限会社 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
あの黒いトイレが...INAX、「サティス10周年記念モデル」を限定販売~水廻りリフォームは豊和住建へ~
LIXILで、INAXブランドのタンクレストイレSATIS(サティス)の発売10周年を記念し、「サティス10周年記念モデル」を販売しています。

 記念モデルは、外観カラーに同社トイレの最上位モデルREGIO(レジオ)で開発した、焼き物メーカーならではの本物の質感にこだわったノーブルブラックを採用した。便器鉢内は、汚れ落ちが確認できるピュアホワイト色となっている。洗浄水量は節水型の「ECO5」(大洗浄5リットル)仕様

↓↓↓この色ですねかっこいいです

 

10周年記念モデルは、発売当初から変わらない「世界最小650ミリ」にあわせて、650台の限定販売としているとの事。

シックで高級感のあるデザイン
個性的なトイレが演出できますよ
トイレ、水廻りの提案型リフォームもおまかせください!

-----------------------------------------------------------
大府市 刈谷市の新築 リフォーム 耐震改修 水道工事なら
地域密着 技術の工務店・住宅会社へ

資産になる家 価値を生む住まい
 
施工エリア 大府市 刈谷市 名古屋市緑区 東海市
         東浦町 安城市 知多市  他地域 応相談
自社大工 監督 技術者がうかがいます

■省エネリフォーム ■エコリフォーム ■水廻りリフォーム

-----------------------------------------------------------

投稿者 豊和住建有限会社 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
いざ!東北へ
みなさんこんにちは!ショールームのやまぐち(良)です。

このたび豊和住建の大工5名と、業者2名の計7人が東北地方へ災害ボランティアとして派遣されることになりました。

大府市社会福祉協議会との綿密な打合せにより、宮城県の岩沼市へ来週月曜から金曜まで派遣されます。
TVで惨状を見られた方も多いかと思いますが、岩沼は仙台空港のある街です。東北一成長力の高いといわれる工業都市が見るも無残な状況です。

今回はあくまでボランティアとして向かいます。大府や刈谷、愛知県のみなさんの気持ちを伝え、また
豊和の大工としての技術、心構えが被災者の方々のために少しでも生かせればと思います。
また同行の業者さんも解体工事のプロフェッショナルです。

 



道中、現地での無事と活躍を祈り皆でエールを送らせていただきました。

がんばれ!
投稿者 豊和住建有限会社 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)