大府市の注文住宅・リフォームは豊和住建へ
HOME>こだわり

古材活用

豊和の古材活用
世界最古の法隆寺が1,300年以上絶っても現存するのは木造住宅だからであり、鉄骨やコンクリートの建物ではありえない事なのです。
長い時間大切な家を支えていた木は新しい木材より強度が増し、その耐久性は例えば樹齢100年のヒノキの木は伐採されてから100年後に圧縮強度が一番高くなり、200年から300年ぐらいかけて強度が緩やかに落ちていきます。

しかしこの古材…実はほとんどの工務店では扱っていません。
その理由は、専門的な知識と高い技術力が必要だからです。

私たち豊和住建では全国の情報や技術を集結し皆様に世界で一つだけのこだわりの自然素材を使った安心で、安全な200年住宅をご提案させていただきます。
<Plan&Design>
ヴィンテージリフォームは、日常空間から解放された“贅の空間”でSlowLife(スローライフ)を過ごして頂く事をコンセプトにしています。
厳選された建材と、日本各地から集められた古材を使った環境に優しい新築・リフォームをご提案します。
経年変化によって醸し出された古材の風格と重厚な趣は決して真似の出来ない空間を創り出します。
壁や床等の建材にもこだわり、本物のテイストをご提案します。
また、古材選定に関しましては、古材活用士(伝統資財施工技術士)がプランにあった価格・サイズの中から厳選いたします。
<Material>
ヴィンテージリフォームのプランでご提案する内装材は、古材をはじめ、床材・建具などすべて本物志向で古材の風格に負けない材料ばかりをそろえ、
豊和住建の住まいづくりはシックハウス症候群やアレルギー体質の予防、人体への安全性を考えた慎重な素材選びを基本にしています。
問い合わせ